平成27年度 自己評価 評価報告書

自己評価の総合的な評価結果

富士調理技術専門学校は、学校法人旭学園がキリスト教主義教育を基調として 運営する専修学校である。昭和23年4月1日、富士市岩本山の麓に先代の理事長望月きくゑが地域住民の体位向上のために始めた料理教室が昭和37年2月「富士栄養料理学校」として県より認可され、企業の福利厚生や市の生涯学習教育などを経て昭和39年10月1日調理師養成施設の指定、続いて45年10月13日に学校法人の認可を受けた歴史のある専修学校である。1年制の専門課程 調理師科と昭和57年2月には、東海大学付属望星高等学校と連携することによる、高等課程 調理師科が設置され、日本で初めての技能連携教育の施設として文部大臣より認定された。
27年度は、創立50周年の記念事業として富士市、富士市教育委員会の後援のもと、ロゼシアターで食育講演会を開催した。本学園同窓会 旭友会との共催で校長の母校である服部栄養専門学校の理事長・校長 医学博士 服部幸應先生に「食育のすすめ~食からはじまる人づくり~」をテーマに依頼し、一般の市民、本学園の生徒・学生が学んだ。
高等課程 調理師科は、技能連携制度を活かし、連携科目と普通教科を3年間学習し、高校卒業資格と調理師国家資格を同時に取得する。全日制スタイルで入学式から卒業式までの、すべてを本学園内で学べる究極の技能連携とも言える。
東海大学付属望星高等学校との二人三脚による勉学、生活両面からの指導効果も高く、また少人数制のため担任のメンタル面におけるケア効果が高いこともあり、退学者は少ない。
26年度の県私学振興課の立ち入り実態調査の際には、入学者の評定が高いとの評価もあったが、27年度は更なる向上が見られた。
専門課程 調理師科は、1年制で和、洋、中にスイーツを取り入れ、1年を通して必要な知識と技術をバランスよく学ぶことができる。食のスペシャリストを数多く輩出しており、資格を取得した卒業生は国内外のレストラン・ホテル給食施設、船上調理師等、様々な食の世界で活躍している。4月から5月にかけては海外の留学先、修業先から一時帰国し、来校する卒業生の成長した姿を目にするのが大変楽しみな時期でもある。

本学園は、駅から少し離れた場所に位置するが豊かな環境の中、スクールバス、駐車場など完備されている。
富士・富士宮に唯一の調理師養成施設である旭学園は地域社会に支えられ、地域の食を担ってきた。今後も、社会のニーズに答えられる調理師養成を目指し、地域の発展に役立ちたいと願っている。

富士調理Instagram

ピックアップ記事

  1. 【テーマ】世界の料理・静岡の味 ☆サブテーマ:色のオリンピ…
  2. 毎年恒例「おせちを作る会」開催のお知らせ 富士調理が地域の…
  3. 毎年大好評の「クリスマスケーキを作る会」開催のお知らせ ■…